AJ Hoge Effortless English 英語セミナー,バルセロナ 2013

こんにちは、Effortless English のTomoeです。
2013年5月18日にEffortless EnglishのNow Or Never Rallyイベントが開催されました。

60〜70人ぐらいの人達がヨーロッパ、ロシアから駆けつけてくれました。日本人2人も参加してくれました!とても感激です!

AJと私はアメリカ経由でバルセロナに入ったので、日本から来られた方の方が長旅だったと思います!ありがとう!

さて、今回のイベントはEffotless Englishのメンバーの方も舞台に立ちました。皆英語でのスピーチにちょっと緊張したみたい。暖かい拍手に励まされ、皆素晴らしいスピーチや余興をやり遂げました。

インターネットでの学習なので、お互いに初めて会う人が大半です。インターネットでのやり取りでお互いの事をよく知っているけど、でもやはり実際に会うのは違います。こうして同じ時を過ごし、とても楽しかったです。セミナーやイベントって本当にいいですね。私達も学生さんとお話をする機会ができて、色々教えて頂けます。感謝です。

メンバーの皆もとても楽しんでいました。よかった〜!このセミナーは前回のバルセロナセミナーに続いて第2弾。

前回のメンバーとの再会、新しいメンバーとの出会い。セミナーは1日でしたが、その前後3日間、お互いに交流を深めました。バルセロナ在住のメンバーが食事会や観光に連れて行ってくれ、英語でコミュニケーション出来る喜びも感じたようです。

驚いたのが、前回スペインで出会った男性。彼は全く英語が話せず(メンバーの友達)もどかしい思いをしていました。ですが、今回再会して彼の英語の上達ぶりに驚きました。彼はAJのレッスンを1年半ぐらい聞いて勉強したとの事、その進歩に感動しました。教育って本当に素晴らしいですね。先生として、学生を誇りに思います。先生は導く役、生徒が主役。生徒が出来ないのは先生のせい。生徒の進歩は先生の喜びですね。 🙂

私達のEffortless Englishは家族みたいな暖かい関係を目指しています。本人次第で、多くの人とつながれます。そこが他の英語学習サイトと違う所です。余談ですが、最近Effortless Englishのコピー版や海賊版が出回っています。とても残念です。

このサイトはもちろんオリジナルですよ。;)

私達は今イスタンブールにいます。今日もイスタンブールでEffortless Englishのメンバーに会いました。

では、世界のどこかでお会い出来るのを楽しみにしています!

今回のセミナーのミニストーリーをYouTubeに載せました。是非ご覧下さい〜。:)

 

Effortless English TPRS

Effortless English Family

英会話

英語を楽しく学んでいますか?

AJと一緒に英語を通して英語以上の事を学びませんか?

このビデオはスペインのバルセロナでEffortless English Member が集まった時のMini-Storyのビデオです。

Mini-storyとは短いお話を通して、英語を勉強します。

Mini-storyの面白い所は、新しい単語をストーリーの中で何度も聞く事によって覚えて行く事です。TPRSと言う方法を使っています。

AJのレッスンで英語を学びませんか?今まで英語を勉強しても長続きしなかった、英語が話せるようにならなかった、そんな方に是非お勧めします。

Effortless English のメンバーになろう〜!


Learn English

TPRS

まずTPRS(Total Physical Response Storytelling)について少し紹介したいと思います。TPRSとはBlaine Ray によって考案された外国語学習方法で、 James Asher’sのTPR(Total Physical Response) も取り入れられています。
このメソドは文法のみの学習はせず、ストーリーを通して外国語を学びます。

そしてこのメソドを体験すべく、私はカリフォルニアで2007年8月7日から10日までの4日間、FLUENCY FAST BEGINNING SPANISHに参加しました。私の尊敬する先生の一人Karen Rowan先生に教わりました。

スペイン語の授業は、初めはTPRから入り、立つlevántate、座るsiéntate、歩くanda、ゆっくりlento、早くrápido、ゾウ elefante(なぜかFLUENCY FASTは象を使うのが好き)といった単語を学びます。そして、その組み合わせのコマンドを身体を使って表現します。例えば、ゾウのように早く歩くとか、立って座って、ゾウのまねとか。
とても楽しく始まった後、徐々に単語を増やして行きます。

このクラスはアメリカ人対象で、全てが英語で行われます。説明も全て英語です。
人によっては英語は英語のみで、スペイン語はスペイン語のみで学んだ方がいいと考える方もいると思います。しかし、分かる言語で単語の意味を理解した方が効率がいいでしょう。
言語の脳への定着は、ストーリーと何度も繰り返される質問で行われるので、心配いりません。その単語を聞けば母語で考えずとも反射的に分かるようになります。

例えば英語の簡単なストーリーを紹介すると、Poor Ana  By Blaine Rayより、

Ana is a girl with a problem. She has many problems. She has problems with her friends and her family. She’s a normal girl, but she has many problems. Ana is fifteen years old. She’s not very tall. She has long hair. She has Brown eyes and black hair.

このストーリーだけで、たくさんの質問が可能です。
Is there a girl or boy?
What is the girl’s name?
Is her name Susan?
Is her name Susan or Ana?
What is Ana?
Who is a girl?
Does she have a problem or many problems?
Who has problems?
What does Ana have?
So, does she have many problems?
Is Ana a normal girl?
Who is a normal girl?
Does she have one problem?
What is her name?
Does she have brown eyes or blue eyes?
What color are her eyes?
Who has brown eyes?
Etc…….

また授業では、学生にストーリー作りに参加させ、面白さを分かち合います(先生が作ったストーリーに添ってですが)。

先生 ある所に女の子がいます。その女の子の名前は、Anaです。(Anaはクラスにいる人の名前)彼女はペットを飼っています。それは何でしょうか?
学生 A ねこ、学生B いぬ 学生C ぶた
先生 残念ながら違います。それはゾウです!
先生 そのゾウはどうなゾウですか?大きいですか?小さいですか?
学生A 大きいです 学生B 小さいです。
先生 そうです。大きいです。では何頭いますか?
学生A 1頭 学生 B 2頭 学生C 4頭
先生 そうです。4頭です!

と言った感じです。
学生はなぞなぞに答えるように、簡単な質問を楽しみながら答え、自信を付けます。ワクワクドキドキしながら、習った単語を使ってストーリーを作り上げて行くのです。

なぜストーリーを使う事が重要か?

それは人に何かを伝えたい!話したい時、英語や外国語を頭で考えていませんか?

しかし、TPRSで学べば、ストーリーの単語を少し変えたら自分のストーリを簡単に作り出せます。
Anaを自分に置き換えたり、彼女にしたり、単語を少し変えるだけです。
文の構造、フレーズを覚えていれば、簡単に自分のストーリーが出来るのです。

FLUENCY FAST BEGINNING SPANISHを受けて本当に感動しました!!
まったくゼロのスペイン語が4時間で、習いたての文の意味が分かるのです。
始めての言語を少し聞いただけでは、理解できないと思っていましたが、TPRSを使えば違います!

そして、何よりも、この4日間毎日4時間の授業が楽しくて仕方がなかった。
毎日とても楽しみで、ストーリーを作るのに参加できるのも楽しかった。

語学を学ぶ時に重要なのが継続学習だと思います。楽しくなければ続きませんよね!;)

Tomoe   Tomoe

P.S
Effortless Japanese Blogは日本語学習者のためのEffortless SystemとTPRSを使ったブログです。

興味のある人は是非チェックして下さい!
ともえ

© 2006- Effortless English, All Rights Reserved